oO 暮らしを楽しむ information. ☆☆☆彡

 

Hello online world
ふぅー、買い物へ出掛けるだけでも神経を尖らす日々が到来するとは・・・(*´Д`*)
あっと、まずは自己紹介!俺の名前は HIBIくん」沖縄在住で、You log書いている 42000歳のクリエーターだ。ちょこちょこUPしているのでチャンネル登録してくれな!おなっしやっす!!※ 上部画像のウェブキャラクターです。
さて 今回は、あるフォロワーさんのツイートがきっかけで、南国観光についての記事を書いたので、ごゆるりとご覧ください。Yeah~~
ちなみにこのブログは Stay Homeのお供となり、明日の平和を願ったことから作成してまっせ!!それでは早速~・・・

He we go!!


 

日本で南国と言えば、言わずと知れた沖縄。
温暖な気候で、米軍統治下にあった歴史の名残からなのか、日本の中でも特有の雰囲気が感じられる島々だ。

この島の歴史の歴史を一言で表すと・・・
争の島・・・マテx2( ̄口 ̄)ォィx2
まぁ 第二次世界大戦では日本で唯一陸戦地と化したことは広く知られているお話しですし、はるか昔にも南山・中山・北山の三大王国が競合いを続けていた時代があったとか、なかったとか・・・・( ̄▽ ̄;)
まぁ 繁栄を目指している国に争いが付いて回るのは仕方のないことです。ハイ。
ついでにもう一つ、むかしx2の沖縄は、琉球王国として栄華を極め中国をはじめ日本、朝鮮、東南アジア諸国との外交・貿易を通して海洋王国へと発展してきたことも有名なお話しなのだぁ~。
参考元:琉球王国とは – 首里城公園ホームページ 確認日:R2年4月30日
URL:http://oki-park.jp/shurijo/about/186

そんな島国の2019年は、来沖した人の数なんと!
初めて1000万人を超えた!
その中でも人気スポットと言えば、やっぱりが広く知られています。

まぁ 以外にも郷土料理ご当地B級グルメも種類豊富で、しっかりと整備された 観光施設ゴルフ場なども豊富だ。
そして何より「おおらかな人が多く、ゆっくりと流れる時間を楽しめる」ことが沖縄観光の醍醐味であり、今の観光ブームの火付け役となったぁ~。

まぁ そんな島のまつわるエトセトラを少しだけご案内しよう!Yeah~~!!

沖縄県はサンゴ礁に囲まれており、ビーチを見渡すと白い砂浜が広がっている。

その砂はサンゴや貝殻の欠片、海に住む有孔虫の死骸などが主で、沖縄特有の白砂は鉱物ではなく、生物達の営みが白い砂浜に変化していると考えても良いのだ。
また、固有種の魚達がサンゴを齧り吐き出したものや、その魚達の排泄物も白砂になっているとの報告もある。
参考元:砂浜 – ウィキペディア ホームページ 確認日:R2年4月30日
URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/砂浜

まぁ そんな白と青が映えるビーチでのお楽しみと言えば、やはりBBQですかねぇ~??焼き付く太陽の中で飲む酒類と、旬の音楽に合わせて、肉を食らい、笑い合う家族や仲間とのひと時・・・ん~ いいものです。
ただ、今年は新型コロナウィルスの影響で、海開きイベントなども自粛されて寂しい限りです・・・ハイ。

そんな夏の一日を楽しく過ごすためのHIBIくんアドバイスをひとつ・・・・コホン ( ̄. ̄)

沖縄 in theビーチ to 夏の日を楽しむなら朝一番か二番がオススメだ!!「夕方もイイぞ!!二番ッテナンデスカ!?

なんと言っても朝一番や夕方に見られる、お日様とビーチと海や潮騒が織りなすナチュラルグラデーションは見もので、コンディション決まった時のビーチは、写真映えすること間違えなしです!ハイ。(°▽°)

そして、HIBIくんがお昼時のビーチを推さない理由は、なんと言っても日差しの強さです!
こいつは強敵なので、正直逃げ隠れすることがオススメだ!
まぁ ラッシュガードや日焼け止め剤などで対策をすることも良い案ですが、HIBIくん的には、やっぱりサンライズやサンセットシーンが映えるビーチがオススメです!

そして HIBIくん一味の中に、写真撮影にハマっていた野郎がいて、そいつが映した画像をいくつかアップするので楽しんでくれぃ!!!!まずはこの画像から!!

Welcome to the sunset sea. and NICE SURF DAY

 

Welcome to the sunrise to the sea.
いつかの NICE Wave!!
キ キ 来タァ~~!! へへモハおじさん雲!
今年は鯉のぼりも何かおぼろげですねぇ〜

いかがでしたでしょうか?ステイホーム記事一発目はこれでお終いだけど、今夜、あなたが見る夢に素敵な影響があったなら幸いに思うじぇ! v( ̄▽ ̄)ノ

そしてこのブログが、Stay Homeのお供となり、あなたのゴールデンウィークが健全であることをお祈りしています。

 

追伸

新型コロナウィルスに翻弄された方や、
そのご遺族に対して哀悼の意を表します。

「HIBIくん一同」

まった見ってっね  Bye-Bye.
to be Continue.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です